Skip links

提供している講座やプログラムを紹介します

Program

対面またはビデオ通話による 1 対 1 のプライベートセッションで、あなたの抱えるお悩みや不本意な現実を扱います。
あなたの内側の何がその現実を創り出しているのかを紐解き、より深い意識の “源” から望む現実を創り出すサポートを行います。
あなたが抱えるモヤモヤやお悩みを最初に話していただくだけでOKです。お気軽にお問い合わせください:)

90分:30,000円 から

こちらの Contact ページからお申し込みください。

※対面でもビデオ通話でも可能です。

※セッションの背景にある理論や、具体的な内容・イメージを理解したい方はこちらの記事をぜひご覧ください。

現在、以下 3 つの一般講座を定期開催しています。
お気軽にご参加ください:)

※提供するプログラムの背景にある、僕の世界観・方法論に関してはこちらの Wisdom ページをぜひご覧ください。

※どのプログラムから参加いただいても内容的には問題ありません。ご自身の現在の興味に合わせて、選んでみてください:)

スクリーンショット 2018-11-21 1.05.23

1. 古典ヨガ源流の “4つの実践” 講座
実はヨガとはアサナ(ポーズ)のことだけではありません。古典ヨガの源流の教えでは、プラナヤマ(呼吸法)・瞑想・サムヤマ(自己統合ワーク)を含めた “4つの実践” から本来成り立っています。それらを 3ヶ月(全5回)にわたって日々の習慣に取り入れ、自己観察と自己受容の器をつくることを目的としたプログラムです。
※オンラインをベースに行うプログラムですので、東京外の方も参加可能です

cover-nq57HuZ1zw74SJFP62zuTIZEWp7iVos4

2. NVCに学ぶ “新たなチームマネジメント” 探求講座:
なぜアドバイスや傾聴だけでは、ひとは変わらないのでしょうか?”チームマネジメント” と銘打っていますが、職場だけが対象の講座ではありません。親子や恋愛といった、すべての人間関係に悩みを抱えるひとに贈ります。NVCというコミュニケーション手法をベースにした、新たな関係性の育み方を学ぶ全6回のプログラムです。

スクリーンショット 2018-11-21 0.42.45

3. Journey To the Source
U理論の翻訳者である由佐美加子さんはじめとする、大好きな仲間とつくっている全5回にわたる本格的な内的変容のプログラム。
U理論をはじめ、NVC、メンタルモデル、様々なインナーテクノロジーと叡智を統合し、参加者の一人ひとりが深い意識の “源” から望む現実を創り出す、そのサポートを行います。

募集中の講座一覧を見てみる

1. 内側から望む現実を創り出す、オーダーメイドプログラム:
U理論、NVC、メンタルモデルといった最新の理論をベースに、組織の課題感に合わせた完全オーダーメイドの集団変容プログラムをデザインしています。
どんな感情も分かち合える安心安全な関係性を育んだ上で、当事者一人ひとりの内側にある何が、不本意な現状に加担しているのかを紐解きます。そして望む現実を創り出すための新たな行動システムを生み出すサポートを行います。

こちらの Contact ページからお気軽にお問い合わせください。

cover-nq57HuZ1zw74SJFP62zuTIZEWp7iVos4

2. NVCに学ぶ “新たなチームマネジメント” 実践プログラム:
なぜアドバイスや傾聴だけでは、ひとは変わらないのでしょうか?職場での部下とのコミュニケーションをはじめとして、人間関係の質が大きくパフォーマンスの質に影響していることは疑いようのない事実です。上記の一般講座の内容を、ビジネス文脈に特化し、NVCというコミュニケーション手法をベースにした、新たな関係性の育み方を学ぶ全6回のプログラムを提供しています。

※具体的な期間や回数は、状況やニーズに合わせて柔軟にデザインしています。

こちらの Contact ページからお気軽にお問い合わせください。

20108098_10211907893991447_3297152510425520282_n

3. 1day オフサイトのデザイン / 2~3時間の単発講座:
「NVCやU理論といったインナーテクノロジーがどんなものか、ひとまず体験してみたい」
「1日のオフサイトや社内合宿で、チームビルディングや関係性を深めるコンテンツを実施したい」
そうしたお声を現在も数多くいただいています。1日のチームオフサイトのファシリテーションや、2~3時間の単発の講座など、組織の現状とニーズに合わせて、柔軟に内容をデザインしています。
お試し感覚で、ぜひお気軽にこちらの Contact ページよりお問い合わせください。